2018年06月13日

障子貼替(ワーロンシート編)

今回は強化障子紙である「ワーロンシート」のご紹介です。
ワーロンシートとは和紙を塩化ビニールでできたシートでサンドした障子紙のことを言います。
表面が樹脂で加工されており、水濡れに強く、色焼けしにくいといった特徴があります。
そのため、障子糊ではなく、両面テープを使った貼替の施工になります。

まず、障子の組子(桟)に両面テープを貼ります。




次に、あらかじめ障子のサイズに合わせてカットしておいたシートの仮合わせをしていきます。


最後に、貼面のバランスを見ながら、剥離紙をはがし、シワにならないように引っ張り、掃きながら貼り付けていきます。



通常の障子の貼替に比べ、工程も手間も増えますが、仕上がりはとても綺麗です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
加古川・高砂・姫路でたたみ・ふすま・内装
各種リフォーム工事の事なら
和み工房 兵庫
おうちのお悩みご相談くださいピカピカ
フリーダイヤル電話0120-753-150
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  

Posted by 兵庫フスマ at 12:30Comments(0)障子